沿革

昭和12年 2月
(1937年)
丸金商店(個人)創業
昭和29年12月
(1954年)
株式会社丸金商店設立
昭和41年 4月
(1966年)
大阪市生野区新今里4丁目に本社ビル竣工
昭和42年 5月
(1967年)
配送センターおよび倉庫竣工(本社隣接)
昭和45年 4月
(1970年)
株式会社丸金に社名変更
昭和54年 1月
(1979年)
東大阪市金物町2-3に東大阪営業所増設
昭和57年 1月
(1982年)
全国家庭用品卸商業協同組合(全家協)に加入
昭和60年 7月
(1985年)
東大阪市金物町5-13に事務所を統合
昭和61年 2月
(1986年)
オンライン受発注システム及び経理システム導入
平成6年 6月
(1994年)
東京都足立区に関東営業所開設
平成9年 4月
(1997年)
関東営業所を足立区から埼玉県川口市に移転
平成13年 3月
(2001年)
外部倉庫と部分的に委託物流契約を結び効率化を推進
平成14年11月
(2002年)
関東営業所を埼玉県川口市から三郷市に移転 
平成15年 1月
(2003年)
受発注システムに「EDIシステム」を導入し物流システムをさらに効率化 
平成21年 2月
(2009年)
初の輸出業務として、ベトナム法人向けに日本の生活雑貨を販売開始 
平成24年 3月
(2012年)
会社で「TPM活動」に取り組む 
平成24年 4月
(2012年)
業界標準の受発注システム「流通BMS」に対応するためのシステム構築を行う 
平成26年 7月
(2014年)
一部の物流業務をお取引先様と3PL方式で取り組み 
平成29年 2月
(2017年)
従来の卸売事業に加えて、ECプラットフォームを活用して小売事業を開始 
令和 1年10月
(2019年)
小売事業を本格的に展開するために2店舗目のECサイトを構築・運営 
令和 2年12月
(2020年)
他法人様の物流加工業務を開始