【岡山 備前焼】灼熱がつくる模様

【岡山 備前焼】灼熱がつくる模様

岡山県南東部に位置する備前市の伊部(いんべ)地区で作られる備前焼

生まれは古墳時代で、鎌倉時代~桃山時代を経て、製法が確立された、とても古く伝統のある焼き物です。

備前焼の特徴は、釉薬(うわくすり)を使用せず、絵を描かない代わりに、釜の温度変化や土の性質など、自然の力や製造の工程が生み出したデザインに深い味わいがあります。

丸金商店では、ビールのグラス(ビアマグ)焼酎、日本酒用のグラス、そして、ティータイムを楽しむマグカップをご用意しています。