群馬 冨岡シルク・ぐんまシルク

群馬 冨岡シルク・ぐんまシルク

徳川将軍家も愛した格式高い「御召」生地を使った贅沢なボディウォッシュタオル

お召(おめし)とは、お召ちりめんとも呼ばれる絹織物の一種です。
江戸幕府第11代将軍徳川家斎が好んだといわれており、通常のちりめんよりもコシが強いため着崩れがしにくいといわれています。


経済産業省より、日本の伝統的工芸品として認定されました。
織物の中で格式の高い御召を、ご家庭用としてアカスリに仕上げました。