岡山市備前市伊部

備前焼の里の街並み

伊部生産の中心地を離れた都市部に、備前焼専門店が点在する。

備前焼の歴史

その歴史は古く、古墳時代(5世紀中頃)に始まった須恵器(すえき)に始まり、中世(平安時代から鎌倉時代初期)には、実用的な壺・甕(かめ)・すり鉢などの日用雑器を焼いていたのが始まりです。

備前焼はその飾り気のない素朴さから、室町時代後期から侘び茶(わびちゃ)が流行すると、またたくまに茶人の中で、花入・水差し・茶碗などの作品が作られました。

桃山時代には茶陶備前焼の名を高めました。釉薬をかけずに、大釜で硬く焼き締められた茶褐色のやきものは、窯の中で窯変する色や形が自然のものに由来し、それらが芸術品として茶人たちに愛された所以です。

(下左)備前焼の狛犬 (下右)岡山市備前市の塀 (下)ビールグラス桟切

釉薬をかけない。究極にシンプルな製法だからこそ生まれる、ロマンあふれる深い味わい

岡山県備前市でつくられている「備前焼」は日本六古窯の一つで、土の持ち味を楽しめる素朴な焼き物です。

備前焼

桟切(さんぎり)

備前焼

緋襷(ひだすき)

「備前焼」の最大の特徴は絵付けをせず、釉薬もつかわず、そのまま焼かれること。

そのため焼き窯で起こる出来事ひとつひとつが作品に焼き付けられ、完成品の多彩な表情となるのです。

刻々と変化する空気の流れ、燃え上がるワラ、降りかかる灰…

1週間以上にわたる焼き締めの窯の中で起こるすべての出来事が作品の紋様として現れ、見る人を惹きつける表情豊かな焼き物に仕上がるのです。

1200度以上の高温で10日前後

職人さんが良質の土を選び、ひとつずつ形を作り、窯の中で土と炎が出会い、焼き窯でさまざまな出来事が起こる。この過程が、独特な質感と多彩な模様を生み出します。1200度以上の高温で10日前後かけて焼きあげる備前焼。

日本でもっとも古い備前焼

日本六古窯(瀬戸・常滑・丹波・越前・信楽・備前)と呼ばれる窯のひとつで、その中でもっとも古い窯

備前焼の形と楽しみ方

飯椀 桟切

ビールグラス

ビールの泡立ち具合は最高です!

お一人用ですと、「備前焼 夢幻工房 ビールグラス 200ml 桟切」がお勧めです。350ml缶と同じぐらいの大きさになります。

大きいビールジョッキタイプご希望の場合は、400mlサイズがお勧めです。

備前焼コレクション

お気軽にお問い合わせください

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。

[出典]

本ページは、小学館ウイークリーブック「やきものを楽しむ」備前焼を参考に丸金商店で作成しました。

「やきものを楽しむ」備前焼

監修:中島誠之助・中島由美