肥前びーどろ 虹色タンブラー ビアグラス 吹きガラス 350ml
肥前びーどろ 虹色タンブラー ビアグラス 吹きガラス 350ml
肥前びーどろ 虹色タンブラー ビアグラス 吹きガラス 350ml
肥前びーどろ 虹色タンブラー ビアグラス 吹きガラス 350ml
肥前びーどろ 虹色タンブラー ビアグラス 吹きガラス 350ml
肥前びーどろ 虹色タンブラー ビアグラス 吹きガラス 350ml
肥前びーどろ 虹色タンブラー ビアグラス 吹きガラス 350ml
肥前びーどろ 虹色タンブラー ビアグラス 吹きガラス 350ml

肥前びーどろ 虹色タンブラー ビアグラス 吹きガラス 350ml

通常価格 ¥3,630
/
税込 送料 は購入時に計算されます。

【肥前びーどろ】
肥前びーどろは佐賀市の重要無形文化財に指定されている手作りの宙吹きガラス食器の伝統工芸です。江戸末期から続く技術を受け継ぎ明治36年より佐賀市で110年以上。今では全国でも肥前びーどろでしかない技術やオリジナル性の高いガラス食器をお作りしております。宙吹きと呼ばれる型を一切用いない吹きガラスの中でも特に技術的には難しい物をお作りしております。

【虹色シリーズ】
販売を始めて3年程度経ち、今や人気のシリーズとなった「虹色」シリーズ。5色の色の粒を使い虹を表現したその鮮やかで可愛らしい雰囲気が女性からの評価が高く肥前びーどろの新たな定番です。また銀箔を施したグラスも各種お祝いなどにお使いを頂くことも多く、新しくピンクを使った物も好評となっております

【副島硝子工業】
佐賀(鍋島)藩10代藩主鍋島直正公が、嘉永五年(1852)多布施川のほとりに精煉方(今で言う理化学研究所)を設置したことが始まりと言われています。精煉方は、もともと生活必需品(金魚鉢・薬瓶・銘酒瓶など)や、学術研究所のために必要な道具を作った場所で、当時では珍しいガラス窯が築かれ、主に科学実験のためのビーカーやフラスコが作られました。その後、開国・明治維新に入りランプや食器を作るようになっていた精煉方は、精煉所という民間会社となり、そこから明治36年に独立した副島源一郎が副島硝子工業を創業。現在では肥前びーどろを製造する唯一の工房となりました。

【プレゼントに】
ギフトやプレゼントなど贈り物にお勧め!母の日、父の日は勿論、様々なシーンでプレゼント・ギフトとしてご利用頂けます。海外へのお土産としても喜ばれています。

【仕様】▼ 本体サイズ:約口径7.5x高さ10cm 容量:約350ml ▼材質:ガラス  ▼生産国:日本

【送料について】

1回のお買い物の合計金額「¥3980(税込み)以上」で送料無料でお届けします。

 

【配送について】

大阪より全国にお届けします。

特にご指定がない場合、ご注文確認後、27営業日以内に発送いたします。

大型商品・受注生産品にはお時間をいただきます。

お時間をいただきます商品については、ご注文いただきました後にこちらから「お届け目安のご案内」のメールを送らせていただきますのでご確認いただきますようお願い申し上げます。